ミッキーが超可愛い!赤ちゃんも喜ぶカインズの断熱シートで寒さ対策もバッチリ♪

  • 2019.12.18
  • DIY
ミッキーが超可愛い!赤ちゃんも喜ぶカインズの断熱シートで寒さ対策もバッチリ♪

前回の記事で子供部屋の断熱対策にカインズで断熱シートを購入したのですが、網入りガラスだったために貼り付けることができず出番がない状態でした。笑

リビングで赤ちゃんとよく遊ぶことが多いのですが、徐々に冬の寒さも厳しくなり始めた中で寒さ対策も少し気になっていました。今回ちょうど断熱シートが余っていて、ディズニーの絵柄が描いてあるので赤ちゃんも喜ぶと思い貼り付けてみることにします。

Advertisement

賃貸では原状回復しやすい水張り式がおすすめ

水で貼り付ける断熱シートは原状回復しやすい観点から、色んなお店で様々な種類が販売されています。レースなどの柄物や今回のようなキャラクターものまで。まぁ無地となると窓にただのプチプチを貼り付けている感じそのままになってしまうので、柄やキャラクターがついている断熱シートが人気のようですね。

今回は行きつけのカインズでディズニーコラボのミッキーの絵柄が入った断熱シートが可愛かったので、そちらを購入し使用していこうと思います。

ただ、前回の記事でもそうでしたが、断熱シートを貼り付ける窓にも相性があるということは意外と知られていないのかもしれません。水貼りができない窓、そもそも断熱シート自体がNGな窓もあるので購入を検討している方は、事前に対応できる窓かを確認をしておくことを強くオススメします。

前回の記事はこちら
網入りガラス窓でも断熱できる優れモノを発見!冬の寒さ対策にオススメです!
https://chintai-diy.com/diy/post-1504/

どんな窓かわかっていればホームセンターに売っている断熱シートの裏側を見れば窓の対応表が記載されている商品が多いのでそちらで対応も可能です。

今回購入したシートにも裏側に対応表が記載されておりました。

また失敗!?非対応の窓なのか?

さて今回は事前によく確認せず買ってしまっていた断熱シートなので、貼り付け可能な窓かを確認しましょう。

今回貼り付けるのはベランダに繋がる窓。上下に分かれていますが寒さは下からの冷え込みがすごいので下側の窓に貼り付けていこうと思います。

あれ?たしか水貼り可能な窓ってツルツルした窓じゃないといけないって対応表に書いていたような。。笑

そうなんです。我が家が今回施工する窓は凸凹ガラスで水貼り不可の記載がありました。一応小さく切った断熱シートの切れ端を使って試してみましたが、やはり貼り付かなかったですね。笑

両面テープ施工なら貼り付け可能とありますが、テープ劣化からの痕が残るのも嫌だなと思い方法を考えていました。

Advertisement

今回もニトムズさんにお世話になりますw

両面テープ施工しか方法がなさそうなのですが、凸凹ガラスに両面テープ施工しちゃうと後々面倒なことになりそうだなと思っていた中、今回も良い商品を見つけてしまいました。

部分的にシールを貼り付けて、かつ透明シートで目立たなくすることで綺麗に仕上げることができます。粘着力があまりないとレビューはあまりよろしくはないですが。。笑

窓は日光に当たることが多くテープの劣化でテープ跡が残ることを考えると、超強力なテープより、これくらいの粘着力の方が良いのかなと思います。

シールは中に12片入っているので窓一枚につき9枚使用しようと考えています。なので今回は2つ購入しました。

窓に合わせて断熱シートをカット

まず、窓の大きさに合わせるために少し大きめにカットした断熱シートを合わせていきます。室内側と記載されている面があるので面裏間違えることがないように注意してください。

いきなりカットしていってもいいんですが、切り過ぎてしまうと後戻りができないので私は慎重に行うことにしています。笑

綺麗にカットができたらこんな感じ。

まだ貼り付けていないので下にずれていますが、これであとは貼るだけの簡単作業ですね!

断熱シートの貼り付け作業

断熱シートがカットできたら先ほどのニトムズの両面テープを窓に貼り付けていきます。

もちろん汚れ等あれば剥がれやすくなるので、事前に拭き上げはしておいてくださいね。あと水気もあるとテープが貼り付きにくいので、結露にも注意して乾拭きしてあげるのも大切です。

端っこ部分に合計8個貼り付けていきます。あまり透け感が目立たない断熱シートだったら中心にも1個貼り付けても良いかもしれませんね。

あとは両面テープの台紙を剥がして断熱シートを貼り付けるだけ!台紙と一緒にテープも剥がれやすいので注意してくださいね。

反対側の窓も同様に貼り付けるだけの簡単作業ですが、鍵のフック部分を引っかからせないように内側に調整してあげる必要があります。

我が家ではこんな感じのフックで、内側に差し込めるくらいの隙間があったので差し込んで調整しました。窓の種類によってはカットしたり工夫が必要になってくる場合があるのでそこは注意してください。

これで両方窓の下部分の断熱シートの貼り付けが完了しました。

さいごに

今回は余っていた断熱シートを貼り付けるだけの簡単作業だったんですが、我が家のベビーちゃんも赤色のミッキーとミニーちゃんに反応して興味を示してくれているので良かったなと思いました。

いずれつかまり立ちをしたりした時に頭を打つことがあってもプチプチが頭を守ってくれるので安心です。万が一窓が割れても怪我もしにくいので子供のいる家庭にはそういった安全面を考慮した意味でもオススメかもしれませんね。

これはおまけ程度なんですが、サッシの冷え込みも気になるので、こちらも一緒に買っていました。

いまいち効果はわからないですが、これも子供が興味を示してくれているので良かったのかなという評価でww

部屋の冷え込みを軽減するための対策なので、暖かくなった等の実感はもちろんありませんがやって良かったと思いますね。また他に何か断熱対策を思いついたら記事にしていこうと思います。